アクセスランキング
シルバーウイングのLEDカスタム&整備の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ←ランキング参加中です。
大震災以降運転者のモラル低下が顕著で走っていても目の前を横切る車が多くて走り辛いです

動画:衝突寸前!信号無視の自動車
こんな無鉄砲な自動車の運転手がいるので落ち着いて走れません

もしドライブレコーダーが無くてこの状況で事故を起すと
当然自動車側は正統性を主張して信号は青だったと言い張るでしょう
そして被害者側が死亡しているとその主張は認められ
被害者側が加害者に逆転してしまう可能性があります
ドライブレコーダーで見るようにこちら側の信号は完全に青になってから
左から自動車が突っ込んできてます

この状態で事故にあえば加害者が正統性を主張しだすととても面倒です
事故を目撃している証人は沢山いると思いますが
わざわざ面倒な証人を引き受けてくれる正義感のある人がいなければ
加害者の主張もある程度通ってしまい
過失割合は7:3か8:2になる可能性もありますが
決定的な証拠であるドライブレコーダーの動画があれ9:1でしょう

自分の身を守るためにも、無駄な時間の浪費をしないためにも
ドライブレコーダーを是非装備してください
今の主流は常時録画でハイビジョンで3万円弱ですから
安いものです、時々面白い動画も撮れますので(笑)
あー浮気とかしている人はやめた方いいですね
自分の行動範囲が全て録画されてますから
スポンサーサイト
 ←ランキング参加中です。
たびたび不具合が起こるKAYABAのバイカムクルマメですが

先日ふと見ると録画されていませんでした

何をやってもダメでした、充電池の異常マークも表示されていないので仕方なく

SDカードをフォーマットすると無事録画できるようになりました

でももしかすると充電池の異常かもしれないので覚悟しておかないと

必要な時に録画されていないなんて事にならないように注意しないとね
 ←ランキング参加中です。

まさとMo さんというブログ友のシルバーウイングにミラーマウントでバイカムを付けている方がいました
振動が気になって躊躇していたのですが動画を見ても気になるような不都合もなく、カウルの影響も受けないのでクリアな動画が撮れそうなので取り付け場所の変更をしてみました

バイカムミラーマウント
ミラーマウント動画

以前の黒ベースでは無く無塗装のシルバーでした、キャンペーン時は2.500円でしたが現在は3.990円でした
これで四千円は高すぎだろ!

IMGP9920.jpg IMGP9921.jpg
プレートは2.5mmのステンレス製で剛性も高く振動も少なそうです

IMGP9922.jpg IMGP9923.jpg
既成のスライドマウントを外して・・・

ねじ込むだけw

IMGP9924.jpg IMGP9925.jpg
右側ミラーマウントに取り付けましたが・・・
マウントが水平では無い所に取り付けたので斜めってます
このままじゃ動画も斜めになってすが!

今日風が強く作業をしていても凍死寸前なので
とりあえずこのままで様子を見ます
ベースプレートをツイストする必要がありそうです。

動画は後日アップ予定!
 ←ランキング参加中です。
images.jpg


KAYABAの二輪専用ドライブレコーダークルマメが2011年1月20日をもって販売終了したようです。

KAYABAのPDFファイル

今後のサポートはKYBトロンデュールとかいう別会社にマル投げです
購入者にはメール等のお知らせ等は一切なしです・・相変わらずの対応ですww

アフターフォロー窓口
KYB トロンデュール株式会社
東京営業所
東京都千代田区神田須田町1‐22
大久保ビル4F
℡.03-5296-7441
Fax 03-3257-7500
商品に関します修理等のお問合せは、上記で承ります。

購入者は注意してください。
 ←ランキング参加中です。
IMGP9690.jpg
数日前に私の過去のエントリー記事にコメントが寄せられました
過去記事
あ☆さんぺという方で私の過去のバイカムと同じような誤作動を繰り返しているようでした
昼間は普通に動くのに夜間の動作が不安定で異常停止を繰り返すようです

そこで私の経験からSDカードのフォーマットと本体の初期化を助言しましたが解決しないという事でいろいろやっていらしたようでした
最終的にはSDカードを別の物に交換したら改善したようでどうも相性の問題らしいです
普通一般的にみてSDカードの相性が悪いのは本体側で全く認識しないので相性が悪いとすぐに気が付くのですがどうもバイカムの場合は一応認識はするがある条件下では支障が出るような中途半端な相性があるようです
あ☆さんぺさんの使用していたSDカードは
Transcend(台湾、クラス6)製だそうです その後は
東芝製(海外向け、クラス10)に交換後は正常に作動しているようです

一応以前私の使っていたカードはA-DATAの8Gでしたがそれはフォーマットすると正常に作動していました
その後容量不足からA-DATAの16G(クラス6)に変更しましたが不具合は出ていません

SDカードに関してはバイカム本体側にかなりの癖があるようで普通に認識していてもある条件で誤作動をするような相性が存在するようなので使用者の方は覚えておかれると良いと思います
 ←ランキング参加中です。
IMGP8278.jpg
注文から二日で届きました
まるでジャンク品のようにビニール袋に入っていましたが中身はしっかりしたものです。

IMGP8279.jpg
何故か取扱説明書が入っていたので手持ちの物と比べるとモデルチェンジしていました
多分通常品には四輪車の車載キットが標準装備になるのではないでしょうか?
そんな感じがする説明書になってました

IMGP8280.jpg車載マウントです
かなり背の高い製品です、このままの高さで使うと振動がすごい事になりそうです

IMGP8281.jpg
吸盤が標準装備されています、車のサイドウインドーに取り付ける用でしょうか

IMGP8282.jpg
シガーライターソケットから電源取り出し用コードです
さすがに自作の物とは比べ物にならないくらいクオリティー高いです
メーカー品は違います

IMGP8285.jpg
念のためにシルバーウイングに付けるとどうなるか見てみましたが
結構付ける場所が無く高さも足りません
振動もすごそうなのでこれをこのまま付けるのは無謀かと

IMGP8288.jpg車載するとしたらこんな感じか?
出来ればダッシュボードのセンターに付けないと良好な視界は得られないので
ドライブレコーダーとしてデーターを得たいのなら
ダッシュボードのセンター設置が必須でしょう


とりあえず今回はシガーライターソケットコードが欲しかったので注文しただけでした
シルバーウイングにも使えるしね!
 ←ランキング参加中です。
去年の9月25日にカヤバのドライブレコーダー クルマメ DRE-200 を早期購入で1万円引きの34.800円で購入して良い製品が安く手に入れられてとても喜んでいたのですが・・・
なんと今年の4月~5月間はキャンペーン特価ということで

24.800円!!です
本来の定価は50.000円ぐらいのはずで最初は車載キットを外して
さらに早期購入特典で34.800円としていたはずなのに
車用のドライブレコーダーでも25.000円前後しますから
完全防水のでカヤバ製とくれば購入を検討していたライダーなら即買いでしょう

私的にはドライブレコーダーは今や必需品といっても過言ではないくらいの当たり前の装備になっていますが
事故を経験してみないとやはり実感するのは難しいかもしれません
事故以外にも嫌がらせや時には不当な警察官の取り締まりにも有効な証拠となりますので
あっても良いかと思います。

キャンペーンと同時にバイカムの補修パーツと正式発売には間に合わなかった車載パーツも同時発売されましたので
カメラと本体が一体になっているバイカムの特性を生かして自家用車にも取り付けようと
車載キットを注文しました

素晴らしいことに送料や代引き手数料カヤバ社負担で無料です
いつまで無料かは不明なので早めの注文が良いと思います
キャンペーン期間の5月中かな?

E1839-01012.jpg
専用ニッケル水素電池
4.620円

E1000-00225.jpg
DRE-200本体側マウントセット 
2.520円
爪などを壊したときの補修パーツ

E1000-00226.jpg
バイク車体側マウントセット 
2.520円
複数台バイク所有者には必需品のパーツ

E1000-00227.jpg
バイク用電源ケーブル 
4.620円
複数台バイク所有者には必需品のパーツ

E1000-00232.jpg
DRE-200 ミラーマウント
2.520円
設置場所が無いバイクには良いかもしれないが
振動の影響は心配される

E1000-00229.jpg
4輪車載用キット 
2.520円
シガーライター電源取り出しコード付きの車載マウントセット
コードだけでも4.000円はすると思うのに
マウント付きでこのお値段なら即買いでしょう

E1000-00231.jpg
AC充電キット
4.830円
バイカムを防犯カメラとして利用するときに便利なキットでしょう
私もバイカムでバイクにいたずらする犯人を捕まえたいです。 









 ←ランキング参加中です。
新しい本体と配線を交換してから二週間以上が過ぎました

その間ほぼ毎日乗って動作確認をしていますが誤作動は全く起きていません

もう大丈夫でしょう、今回の誤作動は内臓充電池の劣化と配線の断線と思われます

もしバイカムで誤作動があった時参考にしてください。

毎日使っているので結構危ない映像やおもしろ映像があるのですがそれを乗せちゃうと  

家バレしてしまうのでなかなかアップできないのが残念です

自転車同士の事故は結構参考になると思うんですがね~
 ←ランキング参加中です。
新しい配線にしてしばらく乗りましたがその後誤作動は一度も無く快適に作動しています
グリップヒーターをつけても全く問題はなく正常です
なにが原因だったのか?
IMGP7680.jpg
配線のこの辺りが非常に臭います、バイク用の配線としてはかなり細いですこの辺りを改善してくれると信頼感も増すと思います。
それ以外にも充電池が半年も経たないのに使い物になら無くなるのは単にハズレ製品をつかんだだけなんでしょうか?

どちらにしても配線と充電池の不具合だったので本体故障ではなかったのが何よりといえば何よりか。
KAYABAさんには本体交換してもらって悪い事をしたような気がします。


本日もドライブレコーダーは正常に動いていますこんな雪の中でも平気です
雪で前が全く見えませんがね(笑)

IMGP7679.jpg
防水仕様のバイカムなので雨でも雪でも心配することも無く安心です。

 ←ランキング参加中です。
シガーライターの電源では差し込み抜き取りが面倒で抜き忘れるとバッテリー上がりを起こしてしまったり、電源を入れ忘れて万が一の事故の時録画されていない等とばかげた事態を招かないように面倒ですがマッハで配線交換&取り出し電源の新設オペをする事にしました。


IMGP7584-1.jpg  IMGP7596-1.jpg
カウルを外すのは手慣れたもので20分もあれば余裕です
今回は電圧測定もあるのでヘッドライトを取り付けた状態で進めます

IMGP7585-1.jpg  IMGP7586-1.jpg
プラス端子とアース端子はしっかりとはめ込まれていました、ガタなどはありません
配線内部で断線しているのでしょうか?

IMGP7592-1.jpg IMGP7593-1.jpg
電圧不足を起こしているのかも知れないのでドライブレコーダーにかかっている電圧を直接計ってみます
右が直接計った電圧14.27V 左は車体取り付けの電圧14.3V 車体取り付けの電圧計もかなり良い精度のようです。

IMGP7591-1.jpg 
ここで一番気になっているグリップヒーターの電源をONにして再度電圧を測定します
実はグリップヒーターとドライブレコーダーは同じ配線から取っているために両方点けると電圧不足になっていたのでは?と想像していたのです。

IMGP7594-1.jpg IMGP7595-1.jpg
グリップヒーターを点けても13.78V出ていますので問題ないようです

IMGP7597-1.jpg
古い配線に取り付けてもまともに作動しています、なんでだ?いまさら

IMGP7598-1.jpg
取り外した古い配線です

IMGP7599-1.jpg IMGP7600-1.jpg
この細い配線部分のどこがが断線しているのか?とにかくバイク用の配線としては異例の細さです。

IMGP7601-1.jpg
新しい配線の端子をチョッキンしました

IMGP7602-1.jpg IMGP7603-1.jpg
普通のバイク用の配線と比べてもかなり細いです、半分くらいの太さです。
今回は車体側から左ボックスまで電源取り出し用コネクタを新設してカウルをばらさなくても配線がいつでも交換できるようにします。
あと念のために細い配線の強度確保のために熱収縮チューブを端子とのつなぎ目に取り付けました。


IMGP7605-1.jpg
電源取り出し配線を車体にセットします、この際念のためにHIDのイグナイターから出来るだけ遠くに配線を取り回しました。

IMGP7615-1.jpg IMGP7616.jpg
また配線トラブルが出てもすぐに交換できるように電源取り出し用カプラーを新設しました
これだけの長い配線をBOXに入れておくとなるとスペース取られて辛いな(笑)

IMGP7608-1.jpg
仮組してテストです、グリップヒーター最強でも13.77V出ていますので大丈夫でしょう

IMGP7609-1.jpg
これで無事に作動してくれる事を祈ります、2~3日試験走行して経過観察してみます。
それにしてもここまでベテランになると取り付け取り外しで1時間はかからなくなってきました(笑)
これで何回目の取り外しだろうか?
 ←ランキング参加中です。
IMGP7520.jpg
何となく配線が臭くなってきたので本来なら配線をそっくり新しい物に交換するのがベストなのですが私のシルバーウイングはカウルの取り外し&取り付けで慣れたとはいえ1時間程度かかります、配線交換は5分もあれば終了するのですがどうしたものかと考えていると・・・良い物持ってるじゃありませんか!シガーライタープラグの配線を繋いでみようと思います。
このプラグはバッテリー直結のため取り付けたままだとバッテリー上がりを起こすのでいちいち取り外さなければならずまた取り付けても電源は自動では入らないので手動スイッチで録画を開始しなければなりません


まぁ背に腹は代えられません肝心な時に録画されていないよりは多少の面倒も大目に見ましょう
と言う訳で無事配線交換をして試験走行をしましたが結果は問題なく動いています・・・今のところはね
やはり配線が原因の可能性が高くなってきました。

最低でも数日間はこのままで様子を見てみないと何とも言えませんがどうやら配線に問題があるようなので
週末には配線を取りかえる予定です、この際ですから配線のソケットをカウルのボックス内に新設して簡単に交換増設できるように利便性を上げようと思って計画中です。
 ←ランキング参加中です。
代替品のドライブレコーダーを取り付けても不具合は起こりました
と言う事で原因は配線が臭そうです、カウルを外さないと配線は交換できませんので別配線で電源を取る事にしました

IMGP7501.jpg
フューズ用の取り出し配線があったのでそれを利用して

IMGP7503.jpg
緊急措置として車体外側をはわせます

IMGP7504.jpg
まあ緊急措置なんで見た目は無視です(笑)
と思ったら明日の予報は雨なのでこの配線は取りやめです。

緊急にドライブレコーダーを正常作動させられる配線を作る事が急務です。
 ←ランキング参加中です。
前日の本体交換で終了と思ったのですがそうはいきませんでした
次の日エンジンをかけると正常に動き録画も始まりましたが数秒で無音停止&無音電源OFF
エンジンを一度止め再始動するも録画は始まりませんでしたので手動で電源ON&録画スイッチONするもこれまた数秒で録画だけ停止今度は本体電源は入っています。

これでクルマメの本体の故障ではなく配線もしくは発電量もしくは車体側のバッテリーの劣化が考えられそうです
そこでここにシルバーウイングの現在の状況とクルマメの録画状態を詳しく書いて今後の対策を練りたいと思います。


現在のシルバーウイングの状況
車両購入は平成15年の2月
総走行距離は94,000km
バッテリー交換は19年5月で55,500km時
現在まで38,500km
走行時に発電量を把握するために電圧計をアクセサリー電源につないでいますが現在は通常14.3V発電量に問題はありません

現在のバッテリー蓄電圧 走行直後では無く1時間経過後のバッテリーの直電圧は12.85V
正常なバッテリー電圧は12.5V~13Vなので購入から3年は経ってはいますがバッテリーは正常と言えると思います

その他装備品
ETC・レーダー探知機・グリップヒーター・ヘッドライトはHIDに交換・デイトナ製のイモビライザー
SDカードはA-DATA製の16GBクラス6

不具合が起きた時の状況
1 朝エンジン始動と共に通常どおりスイッチがON&すぐに録画開始しかし数秒で無音停止&電源OFF
2 すぐにエンジンを切り再始動する、本体スイッチONするが録画は開始せず手動録画させるが数秒で無音停止、本体電源は入っているのでそのまま走り出すがいつの間にか本体電源も無音停止
3 信号待ちでエンジンを停止、再始動するが本体スイッチON録画開始せず手動録画させるが数秒で無音停止、本体電源は入っているがいつの間にか無音停止
4 信号待ちでエンジン停止再始動すると本体スイッチ&録画が正常に作動そのまま25分間正常に録画をしていた
5 その後再始動するが本体スイッチON録画開始するも2分程度で無音停止&電源OFF
6 その後3回ほどエンジン始動後本体スイッチONしばらく経過後(1分から3分)通常に録画が開始され約10分間の走行を正常に録画しました
7 その後エンジン始動後本体電源だけ入ったのでまた今回も1分ぐらいしたら録画が始まると思ったが2分ぐらいで無音電源OFF
8 信号待ちで再始動本体電源はONになるが2分ぐらいで無音電源OFF

問題点
1 本体電源は入るが録画がされないのは何故か?
2 録画が走行時に無音で停止する
3 録画と同時に本体電源も無音で停止する
4 時々ほぼ正常に録画されるが録画開始が遅いのは何故か
5 SDカードは影響していないのか?以前の不具合ではSDカードをフォーマットして解消したので今回も関係あるかもと3回ほどフォーマットしましたが影響は無かったです。
以上の際に液晶画面に充電不足の電池の警告マークは一切表示されていない



IMGP7507.jpg IMGP7508.jpg
走行直後では無く1時間経過後のバッテリーの直電圧は12.85V
正常なバッテリー電圧は12.5V~13Vなので購入から3年は経ってはいますがバッテリーは正常と言えると思います。さすがにほぼ毎日乗っていると劣化はしないんでしょうか

IMGP7510.jpg   IMGP7509.jpg
エンジン始動時の発電量 車載電圧計14.2V バッテリー直電圧14.49V多少の誤差がありますがACCで喰われている分少ない表示になると思われます。

IMGP7511.jpg  IMGP7512.jpg
一番電圧を喰うであろうグリップヒーターを点けた状態で車載の電圧計は13.7V バッテリー直電圧は14.39V

IMGP7514.jpg
この時はエンジン始動時に本体電源がONになり約1分後に録画が開始され約10分間のアイドリング時に通常に録画がされていましたしかしながら録画開始が通常より遅い点が気になります。


以上クルマメの操作状況と不具合の動作状況と現在の車両状況を書きました
これをKYBのメーカーに見てもらって不具合の原因を教えてもらう事にします。










 ←ランキング参加中です。
  IMGP7476.jpg
季節はずれの大雪のためにせっかく緊急で送ってもらった代替品を取り付ける事が出来ませんでした
とりあえず中身の確認をすると本体とフル充電の充電池が入っていました

IMGP7477.jpg  IMGP7478.jpg
管理の難しいリチュウムイオン電池ではなくニッケル水素電池です

IMGP7480.jpg  IMGP7481.jpg
まずは原因究明のために送られてきた新しいフル充電電池を古い本体に入れて動作確認をしてみたいと思います

ありゃりゃ?フツーに動いてますけど何か??
どうしましょ私の判断ミスだったんでしょうか、考えられる事は

1 車体と本体の配線が切れていて充電で出来ていなかった → でもこれならキーオンにしても本体は反応しないはずです、今回はちゃんとキーに連動して本体のスイッチがON・OFFしていましたからこの可能性は低そうです

2 充電池の劣化で充電できていなかった → この可能性は十分あるとお思いますがまさか購入後5ケ月で充電池が使い物にならなくなるような事態になるとは正直想像もしていませんでした。
マニュアルでは充電池が劣化してくると本体液晶部に電池残量警告(携帯と同じ電池のマーク)が出て警告する様ですが・・・・はっきり言ってその警告は見えません! かなり小さくしかも液晶にバックライトが無いので暗くなってからの帰宅の時には表示されていたとしても分かりません、この部分に関してはメーカーに直接メールをしてバックライトを入れてもらうようお願いしてみます、アンケート時にも書いて置いたんですが恐れていた事が起きてしまったのかも知れません。

3 本体内部の断線による充電不良 → この検証には新しい充電池がもうひとつ必要になってくるためメーカーに検証してもらいましょう。

IMGP7482.jpg
新しい本体に新しい充電池を入れSDカードもフォーマットして入れて本体セッティングです
ここで注意ですがセッティングは車体に取り付けた状態か水平な机の上に置いてやらないと本体に内蔵されている傾斜センサーで警告音がけたたましく鳴ります、マニュアルには車体に取り付けた状態で行ってくださいと書いてあります。

日付・時間・録画解像度・録画ファイルの時間・を設定します

後は衝撃感知の感度調整ですがはっきり言ってよく分かりませんこのままの状態で走り出すと衝撃センサーの警告音がずーっと鳴り続ける事になりますのである程度鈍感に設定しておかないと段差などで衝撃を受けた際に録画が止まってしまいます。

私の今のセッティングは
注意衝撃加速度
C1:0G → C4:0G ・・・ 4Gに設定
警告衝撃加速度
A3:0G → A5:5G ・・・ 5.5Gに設定
加速度サンプリング
GS:3 → GS:7 ・・・ 7に設定

この数値はかなり重要らしいので私も覚えておくために記録しておきます
この数値が正しいと言う訳ではなく車種によっても調整が必要だそうです。

IMGP7483.jpg
おぉ!!約半月ぶりのまともに作動しています当たり前だけど感動です、これで安心して走れそうです。

今回のトラブルではKYBのメーカーサイドの迅速な対応と誠実な態度に心から感謝いたします
でもメールレスポンスはもっと早い方が良いと思うよ

IMGP7484.jpg  IMGP7485.jpg
取り付けた状態はこんな感じです。前から見た感じでもしっかりと前方を捉えています。
もうちょっと高い位置がベストだな

IMGP7488.jpg
マニュアルには本体のメインスイッチを入れなくても充電ができるようなのでシルバーウイングのシガライターはバッテリー直結なので6時間繋いで充電したいと思います、これで充電できるのであれば本体側の配線に原因がある事になります。

IMGP7486.jpg  IMGP7487.jpg
シルバーウイングのシガーソケットに差し込んで

ポケットに収めて6時間後にまたね!

SBSH0113-1.jpg  SBSH0113-2.jpg
・・・で結果は録画開始から3分後バッテリー警告が見事に点きました!
車体と繋いでいた時はこんな表示が無くいきなり電源切れたんですけどね。
バッテリー警告表示が無くいきなり電源が切れたのは何だったのか?
やはり本体の不具合か?
新本体の調子も見るためしばらくは様子を見てみます。

クルマメサンプル1-1
新本体で録画した動画です
動画は専用の解析ソフトで見る事が出来ます
最大Gや警告が何回鳴ったかなどが分かるようです。


 ←ランキング参加中です。
IMGP5141-1_20100308205458.jpg

クルマメを導入してから早半年以上が過ぎましたが先日急にクルマメが録画しなくなりました
正確に言うと1分ぐらい録画して電源切れしばらくするとまた録画が始まるを繰り返すようになりました
正直安全装置やセキュリティー装置の誤作動は万が一にもあってはならない物だと思っています
でなければ肝心の時に役に立たなければわざわざ高い投資をする必要が無いからです。
それだけ高いクオリティーが求められるのだと思いますがKYB製品はまだまだ開発途上のようでした

しばらくSDカードのフォーマットや本体のリセットなどを繰り返しましたが症状変わらずなのでKYBのサポートにメールをしましたが・・・案の定ここのサポートは受信メールをくれないので受け取っているのかいないのかが分からず数日待ちましたが直接電話しました、電話をすると私のメールに付いて各部署と連携を取っていたようで対策案とバッテリーを送る手配をしているとのことでした
私もいろいろと説明を聞くと配線コードの断線などの報告例があるようだったので確認してくださいとの事だったのでその場で手持ちの別配線にシガーソケットをつなげて見ましたが症状が変わらないので本体の異常が濃厚になったので
代替え品を送ってくれるよう手配していくれました
迅速な対応と丁寧な説明に感謝いたします。


top_table_04_2.jpg
KYBで新製品が出ていました
4カメラ対応
GPS付き
マップマッチング
価格は11万円だそうですが私の理想に近いドラレコです、スクーターなので車用でも十分車載可能ですが問題は激しい震動でしょうね、たぶん内部でハンダが剥離しそうです、せめて7万ぐらいになってくれると手が出せるんですが

KYBさんモニターで貸し出してくれないでしょうか~♪
 ←ランキング参加中です。
IMGP5141-1_20091028153644.jpg
以前夜間にだけ録画が停止→再開を繰り返し起こるトラブルを報告しましたが

その後本体の設定を初期化し電池も抜いて数時間放置しその後各種設定し直し

SDカードもフォーマットしたところ夜間の誤停止は全くなくなりました

一週間以上経ちましたが全くの正常録画になりました

同じような誤作動の方がいましたら本体リセットとフォーマットをお勧めします。

なにが原因だったんでしょうか?謎です。
 ←ランキング参加中です。
動作異常を動画で撮影した方が分かりやすいと思いましたが
台風で撮影が出来ないので文章で説明します

私のバイクにはバイク用ドライブレコーダーの配線が二つあります。

1の配線はプラス側メーター用照明配線に割り込ませてマイナス側は車体アースです
この配線に繋ぐとドライブレコーダーは正常に録画を始めます
メインスイッチONで録画を始めOFFで電源が切れます

2の配線はシガライター用電源につないでいます
シガーライタープラグを差し込むとメイン電源がONになるだけで録画は始まりません、マニュアル操作で録画ボタンを押して録画をスタートさせた後シガーライターを抜いても録画は停止しません多分内蔵電源に切り替えられたと思われます。電源を切るにはマニュアルで本体スイッチをOFFにするしかありません。

使い方としてメインはバイクに使いたいのですが出来れば車にももっていけるようにしたいのです
しかしシガーライター電源を利用するとマニアル操作となってしまい、いざという時に録画忘れの可能性があるので録画と停止はオートでやってほしいんですが
そもそも何故電源供給方式を変えると作動行程が変わるのか?
シルバーウイングの配線には微弱電流が流れているからそれの影響なのかなんでしょうか?

どなたか分かる方おりましたらアドバイス下さい、まじで困ってます。

もう一つ車体配線のドラレコで昼は正常に作動しているのですが夜になると5分に1回の頻度で録画が停止しまた再開するという怪現象が起こります、メーカーは配線不良で電源が落ちるのでは?とのことですがそれなら昼に起こらないことの説明にならないです、液晶表示部にバックライトがないのでどんな表示になっているか分からないのがチト痛いのですが。
この怪現象はKAYABAでも不思議がっていました私しか例がないとの事、どうなってるんでしょ??

****************

<追記 平成10年11月10日>
昼間は正常に作動しているのに夜間だけ異常停止を繰り返す事例報告が
あ☆さんぺ様よりありました
私だけの事例ではなさそうです
 ←ランキング参加中です。
IMGP5837.jpg
ちょっとバイカムの動作が不安定なのでその原因を探るため接続方法を変えて2連装してみました(笑)
片方はバックショットを撮影するように改造しようかな??


IMGP5838.jpg
傍から見ると機関砲みたい、ちょっとアホっぽく見える

IMGP5840.jpg
追加の方は車でも使えるようにシガーコンセントにつなげられるようにしました

しばらくの間2連装ドライブレコーダーで動作確認をしてみようと思ってます。

そうそうバイカムのモニター係の人も見ていてくれてるようで私が動作がおかしいと書いたその日に
直メール来ました(笑)
正直な感想が書きづらくなりました。
 ←ランキング参加中です。
IMGP5721.jpg
モニターではない製品版が到着しました
本来なら9/16に到着する予定でしたが
葬儀のために不在になるのでKAYABAに発送を遅らせてもらいました。

IMGP5722.jpg
モニター品より厳重に梱包されているところがなんとも微笑ましい感じです(笑)

IMGP5723.jpg
さてさて中身は変わったんでしょうかね?
化粧箱に変化はないです

IMGP5725.jpg IMGP5726.jpg
中身にもまったく変更されている点はありません


IMGP5727.jpg
開発遅れの詫び状が同封されていました

IMGP5728.jpg
おお!モニター品の返品は本体と電池だけでいいそうです、やるじゃんKAYABA!
まぁ今付いているコードを外すのにはカウルをばらさないといけないので
最初から返すつもりは無かったんですけどね(笑)

IMGP5729.jpg
モニターのお礼品


気になる変更点ですが見た目と取扱説明書は全くの同一品ですので
内部部品の構成変更でもあったものとおもいます
まさか無変更なんて事は・・・
詳しい状況は後日レポします

本体到着後速やかにモニター品を返送しなければいけないのですが
送られてきた製品を確認すると動作がおかしいので
返品するかも知れません
もう少し様子見です
クレームの連絡入るまでシカトしとこ。
 ←ランキング参加中です。
バイク用ドライブレコーダー DRE-200

クルマメ正式発売開始です!

KYBドライブレコーダークルマメ

値段は34.800円になってます(3ケ月限定だそうです)

今なら2GBのSDカード付きで送料無料です

当初クルマ用のマウントも同梱する予定だったようですが

開発が間に合わないのか今回はバイク用マウントのみの構成みたいです

モニター担当者には直メールは来ていませんので

発送はまだ先になるのかも知れません

商品コードが変更されていないので発送品はモニターと同等品でしょうね

モニターの意見を取り入れた物でないと何のためのモニターだったのか

分かりません
 ←ランキング参加中です。
KYBドライブレコーダークルマメ

KAYABAからメールが来ました

お客様各位殿

度重なる販売延期により販売をお待ちして頂いている皆様には多大なるご迷惑をおかけ致しますこととなり、深くお詫び致します。

******************************
このたび「ドライブレコーダー バイカム(DRE-200)」の販売を開始致します。

9月初旬頃、随時発送させて頂きます。
正式な発送日に関しては、メールにてご連絡させて頂きます。
(発送には 佐川急便 e-コレクトにて発送させて頂きます。)

尚、モニター品に関しては、着払い伝票を同封させて頂きますので
送付した梱包箱にてご返却下さい。
*********************************


モニター品のアンケートと必要と思われる改良点をメールしたのが先週8/22日だった
そして正式発売の発表が8/27と早すぎるためモニターの意見が反映された製品にはなっておらず
現行品とほぼ同じ物を発売するようです

バイク用のドライブレコーダーとしては国内最高水準であることは間違いないとは思いますが
まだまだ成熟期にあるようでそれだけバイク用ドライブレコーダーに要求されるハードルが高いという事だと思います
二次元で動くクルマと違って三次元で動く特殊な運動性能をどう把握するのか複雑なんだと思います
購入を考えている人は改良型を待っても良いかも知れません。
ドライブモニターとしては最高で面白いと思います、おまけでドライブレコーダー機能が付いていると思った方が買いやすいかも。

モニターの意見を取り入れた形の商品を発売してほしかった
 ←ランキング参加中です。
KYBドライブレコーダークルマメ

[高画質で再生]

比較画像デジカメ動画1

[広告] VPS
高い位置に設置したデジカメ動画ですが高い位置にあるだけに視界が広く左右で死角の差も無くほぼ理想的な映像になってはいますが・・・振動がすごく見ていても疲れます、軽い重量のデジカメでこの振動ですからクルマメだとさらに激しくなるかとおもいます。


[高画質で再生]

比較画像クルマメ1

[広告] VPS
こちらは同じ時にクルマメで録画した画像です
さすがに下半分にインパネが映っているので必要な道路の映像が犠牲になってます
左右の死角にも差があり左からの車両の情報は少なくなってしまいます。

よくよく観察すると安いデジカメでも画像のクオリティーはクルマメよりも数段優れていますがクルマメは超広角レンズなのか視界が広く横方向のクルマの動きもしっかり捉えています
この高い位置にクルマメを設置出来る事が理想ですが振動を考えると難しいかもですね。
 ←ランキング参加中です。
どうもウエブのドライブレコーダー動画と自分の動画の違いに違和感があり考えた末
車用はルームミラーの裏にカメラを設置するために自分の目線より高い位置で映像が記録され
第三者的な視点になるのに対して

クルマメはオールインワン構造なのでどうしても設置場所は限定されてしまい
低い位置からの映像なので視界が狭く死角が広いという弱点がある
何とか解決したいのでナビ用マウントを流用してみようと考えました

IMGP5235-1.jpg
ビデオカメラやデジカメ等には必ずある三脚固定用のねじ穴がクルマメにもあるので
デジカメ用のホルダーを流用して見る事にしました

P1050914.jpg   IMGP5233-1.jpg迷WAN用に買っておいたサインハウスのマウントとサインハウスのカメラホルダーは少々高額なのでPDA工房のRAMマウントシステムの方をチョイス送料込みで2.000円でした

IMGP5236-1.jpg
さっそくカメラホルダーをクルマメに装着するとなんといとも簡単に雌ねじが壊れました、どんなに安いデジカメでも三脚用のねじ穴は強化されたものだったのでクルマメのプラスチック製は不安でしたがあっさりと証明されてしまいガッカリと言うか情けなかったです、この辺りは要改善でしょう


IMGP5238-1.jpg  IMGP5239-1.jpg
クルマメが付かなくなってしまったので方針転換で現クルマメの画像と高い位置でのデジカメ動画の比較をしようと思います
PDA工房のカメラホルダーのボール部の直径が大きすぎてサインハウスのマウントシステムと合わないのでねじを交換して装着します。

SBSH0034-1.jpg
運転席位置からの比較画像です

SBSH0036-1.jpg
横から見ると差は歴然で5センチほど高くなっています
これだけ高い位置にあるとかなりいい視界が確保出来ると思いますが振動が心配です

比較動画は次回で

IMGP5173-1.jpg
ちなみにメディアを16GBに変更して長時間録画に対応させてます
値段は3.980円でした。

 ←ランキング参加中です。
IMGP5141-1.jpg

約二週間使用してみての感想やKYBドライブレコーダークルマメの特徴

○ 発売日 未だに不明今現在9月下旬か?

○ 値段 多分39.800円(発売前なので予想です)

○ 完全防水型(IPX7相当)の本体とカメラ一体式
○ 重さ 300g(本体のみ) 結構重く感じます
   取り付け部より前に重心があるので振動で前のめりになります
○ 充電池内蔵のため持ち運んでの撮影が可能
○ 内蔵電池だけで2時間録画可能(充電時間6時間)
○ 動作温度 0~40℃
   ちょっと狭すぎ冬は動かないのでは?
○ カメラ カラーCCD 水平画角100度
○ 撮影画像 VGA 640×480ピクセル
         QVGA 320×240ピクセル
○ フレームレート 毎秒5/毎秒15/毎秒30
○ 録画ファイルの録画時間選択 15分/30分/60分/120分 の4種類
○ 内蔵メモリーあり 32MB
○ 保存形式 MPEG4
○ 音声録音 内蔵型モノラル
○ AV端子あり
○ USB端子
○ 記録メディア SD/SDHCメモリーカード 1GB~16GB
○ 外寸 W58mm×H92mm×D130mm
○ 本体対応OS Windows Xp SP2 / Windows Vista


本体に時計機能があるので事故時に参考にはなりますがGPS機能が無いので正確性に欠けスピード表示もできません
三次元衝撃センサーが内蔵されていますが誤差がありあくまで目安にしかならないようですのでGPS機能はぜひ追加してほしいです。

使用可能なメモリーカードと録画時間
      VGA    VGA   VGA     QVGA   QVGA   QVGA
      5FPS   15FPS  30FPS    5FPS   15FPS   30FPS
内蔵    2分   1分2秒  1分     5分32秒  3分48秒  3分41秒

1G     1:06    0:34   0:33    3:18    2:16    2:12
2G    2:12  1:08 1:06 6:36 4:31 4:23
4G   4:16 2:12 2:08 12:51 8:49 8:34
8G   8:40 4:28 4:20 26:03 17:53 17:22   
16G  17:24 8:58 8:42 52:17 35:54 34:51

証拠能力を保持するためにはVGA640×480の形式がいいと思います
毎秒15フレームと30フレームの録画時間に大きな差は無いので30フレームがいいと思います
5フレームは論外(笑)

優れたところ
IMGP5145-1.jpg
☆ カメラと本体が一体式なので配線さえ作っておけばバイクと車の両方で
   使える優れものです安定化電源があれば防犯カメラとしても使えます
☆ 内蔵電池があるので配線を外しても録画可能で事故後の相手との
   やり取りなどを録画する事も可能で後から証言が変わっても対応できる

IMGP5144-1.jpg  IMGP5142-1.jpg
☆ 防水構造はしっかりと考えられていて本体・配線など重厚で大雨でも安心感がある

IMGP5143-1.jpg

☆ 操作ボタンは大きく走行中グローブをしたままでも問題無く操作できるのは驚きです
   迷WANなどのナビと比べると使い心地は雲泥の差です
☆ 最高画質で録画した場合16GBで8時間録画可能でしかも常時録画なので
目の前で事故が起きた場合でも証拠として使える
☆ LED型の信号機は構造上どうしても高速点滅をしていますが一部問題となった
   無点灯状態にはなっていません。
☆ 防水保護等級IPX7とはかなり高いレベルの防水性能です。



気になるところ
☆ 重要ファイル例えば事故に合いそうになり他人に見せたい時や証拠として
取っておきたいファイルがあっても保護機能が無いのでそのまま使用すると
上書きされてしまう
☆ 盗難防止のための構造になっていないので乗り降りのたびに取り付け取り外しを
強いられるとやがて面倒になり取り付けしないで走行して事故に遭い
録画されていないという事態も起こる
☆ 走行中ある程度の衝撃を感知すると事故を起こしたと誤作動して
録画を停止してしまう、ある程度センサー感度を鈍くする事は出来るが
   キャンセルする事は出来ないので感度が良すぎるとマンホールの
   くぼみに落ちた時に停止したことが何度かあった

IMGP5153-1.jpg
☆ 液晶表示部にバックライトが無いので夜間は全く見えない
☆ ファイルを上書きする時に前のファイルを消去してから録画が再開されるまでの
   タイムラグが15秒間ありその間に事故があると録画されない

IMGP5146.jpg
☆ ハンドルクランプでは強力に閉めこんでも振動で本体が前のめりに動いて
   カメラが下を向いてしまう
☆ 本体が大きすぎるので取り付け位置が限られてしまう、アングルも低く車のような
   上からの視界ではないので見難い場所もある
☆ 常時録画なので耐久性能が気になる、メーカーに何時間録画可能なのか
   聞いてみたいと思います
☆ 

総評

なんだかんだ言っていてもいざ事故にあうと事故状況はうまく証言できません(事故現場での発言は全て証拠になりますので適当に証言すると痛い目にあいます)
そんな時ドライブレコーダー以上の証拠はありません自分に不利有利にかかわらず全てを記録していますので公平中立です、また事故になりそうな場面を皆で共有できるので講習会などで使用することも出来ます。

考えたくはありませんがバイク事故の場合屋根のある車と違い最悪死亡につながりやすいですが自動車側に100%の過失があったとしても所詮 「死人にくちなし」 でバイク側の100%過失にさせられる事も有ると思いますがドライブレコーダがあれば立証可能で責任の所在がはっきりします、私がドライブレコーダーを導入しようした動機でもあります。

警察に信号無視や一時不停止で捕まっても反証が可能というのも魅力の一つです。

カメラと本体が一体式になっている事が利点だがまた弱点でもあるという矛盾が何とも歯がゆい感じがした、ネイキッド系なバイクはクルマメ、スクーターなどの収納場所が確保できる車種はセパレートタイプが良いかも知れません。

マウント方式を変更しないと下ばっかり向いてしまい使いづらいです。
 ←ランキング参加中です。
[高画質で再生]

クルマメ 試験昼雨1

[広告] VPS

元画像はもっと綺麗で見やすいです



雨の昼間のサンプル画像です

1車線の裏道でスピードは30~40キロ程度です

スクリーンとカメラの距離が遠いので水滴が付くとかなり見づらい画像になっています

スクリーンのすぐ後ろに取り付けられるよう受像機をセパレート化してレコーダーと

分離する事が必須でしょう


[高画質で再生]

クルマメ 試験昼雨3バイパス

[広告] VPS

こちらも昼の雨のサンプルですが片側2車線のバイパス走行時

スピードも60~70キロぐらいだと思います。
 ←ランキング参加中です。
[高画質で再生]

[広告] VPS

元画像はもっと綺麗で見やすいです



試験的にクルマメ夜間晴れ時の試験走行の動画をアップしてみます。

追記
うまくアップできたようです

スクーターなのでスクリーンがカメラの前にあり細かい傷が付いているのでライトの光が乱反射して

粗い画像をより一層み難くしているようです

機会があればスクリーンを外した時どのように見えるのか試してみたいと思います

とりあえず動画をアップできたことだけでとても満足です。

 ←ランキング参加中です。
IMGP4782-1.jpg
ハンドルに余裕が無いのでクロスバーに取り付けます

ロックネジは手で回る構造ですがノッチが切ってあり

緩み防止が取られています、細かい所もしっかり作ってます

IMGP4783-1.jpg
簡単に取り付けられるかと思いましたがどうしても電源を取るにはカウルを外さないと

無理なのでがんばってばらす事にしました

IMGP4785.jpg
とりあえず盗難防止を考えてカギの掛かるボックスに収納するにはここに穴を開けないと

電源が取れません

IMGP4784-1.jpg
どっから電源を取るか考えてます(笑)

カタログにはバッテリー端子から直につなげてくださいと書いてありますが

スクーターではとても面倒なのでレーダー探知機のための配線を分岐する事にしました


IMGP4788.jpg
サンプル品を傷つけても良いのか??

端子をチョッキンしました

IMGP4790.jpg
ちゃちゃっと分岐用配線を作って見ました

IMGP4791-1.jpg
こんな感じで分岐完了です

電源さえ繋がれば後はカウルを取り付けて終わりです

IMGP4795_20090805070725.jpg
取り付け完成画像です

作業開始から約2時間でした

取り付け場所が簡単だったので意外と早く出来上がりました

IMGP4796-1.jpg
バイクを離れる時は左側ボックスに収納して盗難防止です

ちょっと離れる時は面倒なのでロック機構は是非ほしいところです

IMGP4822-1.jpg

取り付け場所です

目線からはガソリンメーター、時計、水温が全く見えなくなりました

身体をかなり動かして覗き込まないと見えませんのでやはり本体はもっと小さい方が良いですね

出来ればセパレートタイプの方がカメラの場所にも悩まずに済むと思います。

 ←ランキング参加中です。
IMGP4770-1.jpg
ハンドルマウントと本体の取り付けクランプ部ですが造りがチャチできゃしゃです

使い込んでるうちに破損する事は間違いありませんね

改良を期待したいですね

盗難防止も全く考慮されていませんので早急に改良をしてくれないと

付けたり外したりが面倒でちょっと付けるのを忘れた時に限って事故になったりするのでは

本末転倒ですしね

IMGP4774-1.jpg
SDカードのスロットです

最大16Gまで使えるようです

IMGP4773.jpg
サービス品の2GのSDカードです

調べたら580円ぐらいでした大量仕入れしたら300円ぐらいかな(笑)

IMGP4776-1.jpg
モニターに繋げるためのAVジャックはここです

これが必要かはちと疑問です

IMGP4781.jpg
取り付け前に試験通電してみました

IMGP4778.jpg
本体前部のレンズ部です

うっすらザクのような目が見えます
 ←ランキング参加中です。
IMGP4763-1.jpg
本体の内容物全てです

本来ならこれ以外にも車に取り付けるためのマウント一式があるはずなんですが

サンプル品にはついてきませんでした


IMGP4764-1.jpg
電源コードです

かなりヘビーな造りです、これなら内部断線も起き難いと思われます

KAYABAのこだわりが感じられますね


IMGP4766-1.jpg
タイラップ(正式な名前は何ていうのかな?)と

モニターと繋げるためのAVコード

PCと繋げるUSBコード、電源ケーブルがUSB端子になっているので

本体を取り外して自宅PCとつなげる事も可能です。



IMGP4767-1.jpg
本体は結構大きくて重いですね

これだけの重量物が振動にどう影響されるのか楽しみです



IMGP4772-1.jpg
本体後ろのサービスパネルを開けてマイナスドライバーでネジを緩めると充電池が入っています

キーオフでも本体スイッチにより録画可能です

IMGP4769-1.jpg
本体の電源供給は簡単にPCとつなげられるようにUSB端子の形状をしています

気の利く造り込みがされていますね

IMGP4768-1.jpg
本体の盗難防止とPCとのアクセスを簡単に出来ようにと防水の方をクリアするために

スクリュー形状でケーブルはつながれています。
 ←ランキング参加中です。
IMGP4755-1.jpg
モニターに申し込んで2月ぐらいかな?突然ダンボールが届きました

箱の横にKYBの文字で中身が分かりました

IMGP4756-1.jpg
オーHPの画像と同じだ

結構うれしい!

IMGP4757-1.jpg
箱を開けると本体の箱とおまけの2GのSDカードと発売遅延のお詫び状が入っていました

本来なら3月に発売するはずだったのに度重なる発売延期

しかもその対応がはっきりと明記しないままの延期だったためにかなり不満でした

IMGP4762-1.jpg
今回丁寧な挨拶文が入っていましたのでまあまあの対応でしょうか?


IMGP4759-1.jpg
送り状にもサンプル品の文字があります

でもこの製品を返す時またバイクばらさないとダメなのかな、面倒だな。
 ←ランキング参加中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。