アクセスランキング
シルバーウイングのLEDカスタム&整備の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ←ランキング参加中です。
アイドリングストップの燃費調査第一回目です
初めにお詫び・・・エンジンを止めた回数を数えようと思ったのですが余りにメンドイので諦めました。
何回か測ったのですが街中限定で調査データを集めようとしても中々うまくいきませんので遠くに行く時にそこで一旦ガソリンを入れてデータ保存をします(笑)結構辛いです。

トータル走行101km ガソリン5.8L 燃費17.41km/L

前回のコンデンサーチューンの時の燃費が16.47km/Lという事は0.94km良くなったんですが・・・これってどうなんでしょうか??
100kmという短か過ぎるデータからの結果ですがそれにしては悪すぎと思うのですが。
僅かに1%しか向上しないとなるとデメリットの金額(セル・バッテリー・ライト類)と比べても微妙です。

計算が間違っていました訂正します

100km走行で約6L消費し燃費が1km良くなったので
100km走ると6km余計に走行出来る事になります

1.000km→60km
10.000km→600km
100.000km→6.000km
6.000kmを17.47km/Lの燃費で計算すると約343Lのガソリンを得したことになり1L140円で計算すると・・・・48.020円が節約された事になります

10万キロ走って48.000円だとリスクの方が莫大で何回セルとバッテリーを交換するのか分かりません。

この101km走る間に止まった時間は1304秒21:44間です


はっきり言って疲れる調査なのでもうやめたいのですが皆さんどう思いますか?もうちょっと続けたほうがいいですかね?ご意見お待ちしております。
スポンサーサイト
 ←ランキング参加中です。
コメント
この記事へのコメント
ご自分が納得できれば十分だと思います。
2007/09/11(火) 22:54 | URL | #-[ 編集]
ありがとうございます、ちょっと考えてみます。
2007/09/12(水) 09:36 | URL | 宮城県 #wLMIWoss[ 編集]
どうなんでしょうね
こんちは。

アイドリングストップはボクも考えています。^^
エコな考えからすると、ちょっとでもCO2の排出を抑えたほうが良いんでしょうね。
エコと言ってもエコロジーですね。
エコノミー的にはきついのかな…。
難しいところ。
2007/09/12(水) 10:41 | URL | Baz #-[ 編集]
Bazさんへ
エコロジーとエコノミーの天秤って難しいですねアイドリングストップはメーカーで対策していない車両で行うと経費が掛かりすぎてしまうので環境問題では良いとしても経済問題的にはせめて燃料節約分と経費がイコールになってくれないと出来ませんね。
経済的余裕があれば別ですけど自分の財布を痛めてまでも・・・・というのが正直なところです。
2007/09/12(水) 12:47 | URL | 宮城県 #wLMIWoss[ 編集]
セルモーターの消耗につきまして。
あるVF1000Rのユーザーさんの記録によると、34,000kmほどの走行後で、
カーボンブラシの消耗は0.7mmだったそうです。(無断で引用はいたしませんが、
すぐ見つかると思いますのでよろしければWebを検索なさってください。)

VF1000Rのカーボンブラシの有効長は5mmだそうですので、
消耗限界に達する頃、走行距離は24万km以上にも届く計算です。

シルバーウイングの仕様を知らずに申しますのも何ですが、
エンジンが十分温まった状態で、1秒に満たないような再始動の場合は
過度のご心配は不要かと存じます。

また、バッテリーの消耗が著しく進むのは深放電が続く場合です。
ツーリングなどで長距離移動した後や、一時停止が少なくある程度
距離を走っている時などに時折アイドリングストップを実施しても
バッテリー寿命への影響は非常に小さいかと存じます。

アイドリングストップは、必ずする/全くしないの二極的なものでなく、
自動車やオートバイを利用する人がそれぞれ、車両に問題の無い範囲で、
実施できるものではないでしょうか。

2008/04/17(木) 01:04 | URL | とりす #-[ 編集]
とりすさんへ
なかなか興味深いご意見です、VFR1000のHPも探してみます、どうなんでしょう、やったほうが良いのか悪いのか少々悩んでます。
2008/04/18(金) 20:07 | URL | 宮城県 #wLMIWoss[ 編集]
別の観点で
二酸化炭素排出量と
これを吸収するための森林資源についてご参考まで。

16.47km/lで5,000km走行時の二酸化炭素排出量は約698kg。
17.41km/lの場合は約661kgです。

これを吸収するために必要な樹木の量について計算しますと

16.47km/lの場合・・・スギ49.4本 / 森林面積にして537平方メートル
17.41km/lの場合・・・スギ46.8本 / 同 508平方メートル

  CO2吸収量は、樹齢80年のスギが1年間に吸収する量が基準です。
  樹齢80年のブナでは、スギの1.7倍ほども本数/面積が必要です。


以上、1台が前提での計算です。これがまとまった台数になると
一体どのようなことになるかは、容易にお分かりいただけるかと。

アイドリングストップをやらない方が良い
という場合は、どのような理由があるのかぜひ伺いたいです。

前回のコメントでも書きましたが、アイドリングストップする頻度は
車種やコンディションによって変わってくると思います。


(補足)
コメント入力で英数字の比率が大きすぎるため
スパムと判定されたので、CO2排出量の計算・・・JAFの資料と
CO2吸収に必要な樹木について・・・林野庁のURLを
省略しました。困ったもんです。。>FC2さん

2008/04/22(火) 22:30 | URL | とりす #-[ 編集]
とりすさんへ
ありがとうございます、スパム判定は個人設定できるので英数字の比率を下げておきました30%→15%実際どの程度の比率がいいのか試行錯誤しておりご迷惑をお掛けしました。

2週間程度アイドリングストップを実践しましたが私の場合街中でのストップ&ゴーが多すぎるようでバッテリーの充電値が下がってしまい1週間に一度充電をしていました。エンジンストップをしている時に青信号に気付かずクラクションを鳴らされたり慌てて急発進など少々危ない場面も有りバッテリー上がりや事故の危険があったので中止しました、(スクーターの場合押しがけが出来ないのでバッテリーが無くなるとお手上げです)

私の場合も出来れば燃費を良くしたいと考えていますので走り方を優しくして走っています。
2008/04/23(水) 10:33 | URL | 宮城県 #wLMIWoss[ 編集]
管理者様へ
ご対応ありがとうございます。
前回引用できなかった資料についてお知らせします。

日本自動車連盟 燃費/二酸化炭素排出量計算について

 JAFメイト
 CO2排出量

林野庁 森林の二酸化炭素吸収について

 森林は二酸化炭素を吸収しています

Googleにて、上記のキーワードで検索しますと最上位になるようです。

2008/04/28(月) 00:33 | URL | とりす #-[ 編集]
とりすさんへ
いろいろあるんですね
自分の勉強不足がしみじみ分かります(笑)
がんばって読破したいと思います、情報ありがとうございました。
2008/04/30(水) 17:22 | URL | 宮城県 #wLMIWoss[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyagiwing.blog43.fc2.com/tb.php/428-ecde047e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
よくお邪魔してしているブログ「シルバーウイング日記」の宮城県さんが、燃費向上の記事をアップしています。コンデンサー・チューン。そして、アイドリングストップ。最近はガソリンが高騰しているため、家計直撃する事もありますし、ちょっと気になります。燃費と気に
2007/09/12(水) 11:11:23 | 原付二種の景色
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。