アクセスランキング
シルバーウイングのLEDカスタム&整備の日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ←ランキング参加中です。
昨日はちょっとめんどくさい方法でした5箇所も接続端子を付けなければならないので今回はもっと簡単に分岐する方法にしたいと思います。

 P1010242.jpg
1 黒いコードから一本分岐したいと思います。
2 黒い配線にワイヤーストリッパーで2ヶ所切込みを入れてその間をカッターで切り取ります、幅は2mm~3mmぐらいで良いでしょう

P1010243.jpg P1010244.jpg
3 白い配線を黒い配線にしっかり絡ませて下さい。
4 その結束部分をハンダ付けします、しっかりハンダ付けしますがハンダを当てすぎるとコードの被覆が熔けてしまうので注意して下さい(矛盾した表現ですがやってみると分かります)

P1010245.jpg P1010297.jpg
5 防水のために私の大好きなバスコークを塗ります(笑)
6 バスコークが乾かないうちに熱収縮チューブを入れます、まずは2ヶ所入れてください。色は透明にこだわっています何故かというとトラブルがあった時、色付だとそこにトラブルがあっても見えないからです、透明だと直ぐに分かるからトラブルの原因探しが楽になります。
もし黒い配線の両端が他の場所とつながっている場合は絶縁テープで巻いてください。


P1010300.jpg P1010317.jpg
7 熱収縮チューブは熱で収縮しますのでドライヤーでも良いですがハンダの方が早いです
やり過ぎても20Wぐらいのハンダこてでは熔けません 
8 ちょっと太いチューブを使い3本をまとめて絶縁と防水処理をしますバスコークが充填されているので万全です!!(^_^)v

P1010315.jpg
9 分岐した方の配線にはメスの端子を付けた方が良いです、オス端子だと外したときに端子の先端がムキ出しになるのでショートしますから絶縁しないといけないので面倒です。
スポンサーサイト
 ←ランキング参加中です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyagiwing.blog43.fc2.com/tb.php/83-5c68e7ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。